お問い合わせ

お問い合わせ

電話: +49 721 986610

Eメール: info@sitema.de

SITEMA GmbH & Co. KG
G.-Braun-Straße 13, 76187 Karlsruhe ドイツ

Are you from the US?

世界でも類を見ないユニークな

SiForce TECHNOLOGY(クランプ力自己増幅機能)

  1. スタート
  2. 製品
  3. セーフティーブレーキ
  4. SI-Force Technology

これができるのは私たちだけです

SITEMAセーフティーブレーキは負荷を利用し自らクランプ能力を増強するという原理で機能します。クサビ式と似ています。

負荷の安全確保のためセーフティーブレーキは無圧で切り替わり、クランピングシステムはロッドに接触し負荷を安全確保します。

この状態ではまだ保持力は発生しておらず、セーフティーブレーキは簡単に加圧することにより再び開きます。

空送りは不要です。

負荷が降下した場合に初めてクランピングシステムが締め付け、負荷を保持します。

比類無き安全さ

セーフティーブレーキが負荷を支え - つまりその使用が必要になり - またクランピングシステム締め付けると、単に加圧しても安全上の理由から、もはやリリースにはつながりません。

クランプはそれに加えて負荷を除去しなくてはいけません。

負荷の除去により、負荷が別の形で 安全に 引き受けられることが自動的に保障され、そうしてクランプは初めて開くことができます。

技術的に見て、このシステム条件による挙動は短所ではなく、大きな安全上の利点なのです。

SITEMAの負荷を利用したクランプ能力増強システムの人員および機械保護についての利点

  • 負荷がかかった状態でのリリースは不可能なため、不意のリリースにも安全です。
  • クランピングヘッドへの負荷がなくなると、初めてリリースが可能となります。このように負荷の安全が保障されています。
  • シリンダーへの使用の際には静かなリリースが可能になります。
  • クランピングシステムには本当に必要な場合のみ負荷がかかります
  • 長寿命(B10Dで600万サイクル以上)。
  • 安全率2以上
  • 圧力喪失時も、挟まった人員を解放するために上昇が可能
  • 220KNまでの負荷は空圧でも安全確保できます
  • すべての標準セーフティーキャッチャーとセーフティーブレーキはDGUV認証

比較: 自らクランプ能力を増強するという機能のないクランプについて重い負荷を受けた場合の特徴

  • 負荷がかかった状態でのリリースが可能であり、安全確保するべき負荷が降下することがあり得る。
  • 負荷を事前に他に移動せずともリリースが可能。それにより危険な状況が発生することがあり得る。
  • シリンダーへの圧力にしたがい、リリースの際負荷がいきなり降下したり、上へ跳ね上がったりする
  • クランピングシステムは常に完全に負荷がかかっている
  • それによる短寿命
  • 安全率には通常加算されず
  • 圧力喪失時も、上昇できず、挟まった人員を解放できない
  • 高い保持力は通常油圧でのみ可能
  • 通常DGUV認証はなし